ソーシャルゲーム

白夜極光 SRPGとパズルゲームの不協和音がもったいないゲーム

ソーシャルゲーム

世界観やキャラクターのデザインがとても良く、気になっていた作品でした。

またありきたりなターン制のコマンドバトルRPGとは一線を画すゲームシステムで、バトルの面白いゲームになるんじゃないかと期待していました。

がしかし、そんな期待は打ち砕かれてしまいました。

クォータービューのターン制シミュレーションRPGと、同じ色のマスを移動していくパズルを合わせたゲーム性、このゲーム性にまつわる制限が爽快感を著しく損なっていると感じました。

◆同じマス移動制限が不自由

理由は同じ色のマスしか移動ができないため、行動の選択肢が制限され、爽快感を感じにくい。

4色のマスと対応した属性のキャラとパーティの隊長が攻撃するのだが、同じ色のマスしか移動できない制限のため、攻撃に参加するキャラが少なく、思ったより戦闘が地味で冗長になりやすい。

同じ属性のキャラでパーティを組んで、対応したマスをたどっていくのが基本的な戦略になると思いますが、マスの色の配置はランダムなので、運による要素が大きい。

スキルによる打開策もあるが、頻繁には使えず爽快感の無いターンが多くなる印象でした。

◆敵の配置を考慮する余地がない

盤面に敵が配置されているため、プレイヤーは敵の位置を意識して立ち回る必要があります。

敵が配置されている盤面を移動させていくSRPGのようなシステムでは、敵の行動を予測して有利な位置に移動するといった立ち回りを考えるのが、駆け引きであり楽しい部分であるが、同じ色のマスしか移動できないという制限のため、この思考性がほとんどない。

キャラには立ち止まったところで決められた範囲に攻撃を仕掛けることがあるが、移動制限があるため、活かせるシーンが少なくなってくる。

ターンが進み、敵キャラとの距離が近くなってくると、ただでさえマスが繋がらないことが多いのに、敵キャラに阻まれることもあり、火力が出ずチマチマ削っていくしかない泥仕合になりやすいです。

◆横画面であるため操作しづらい

白夜極光は横持ちのゲームなのですが、画面の広井は荷をなぞる必要があるので、横持のままだとやや操作がしづらいと感じました。

コントローラ持ちしてても操作しにくく、移動するマスをなぞるのに失敗しやすい

中華系のゲームで縦画面のタイトルってあまり見ないのですが、このゲームだと縦画面の方がプレイしやすかったのではないかと思います。

◆総評

以上が白夜極光に期待していて残念だと思ったところです。

ランダム性はゲームにつきものだが、面白さに繋がるランダム性と、ストレスに繋がるランダム性があると思っていて、このゲームは後者だと言えます。

プレイヤーが思考性で乗り越える部分がランダム性によって制限されるからですね。

もしゲームシステムが移動は自由で、通ったルートのマスの色の数で火力が決まる、というシステムであれば、「どのように移動するか?」といった思考の幅が広がると思います。そうすれば同じ色のマスに変えるスキルなども生きてくるし、ランダム性が良い方向に作用するのではないでしょうか?

ただ残念に思ったのはゲームシステムだけで、良いところもたくさんあります。

キャラデザインや世界観やシナリオを見せる演出が丁寧なのは驚きました。多少日本語の怪しいところはありますがそれもご愛嬌。

また中華系タイトルとは思えないほど課金ある力がないです。無課金でもガチャをできる機会も多く、ガチャの確率も悪くない印象です。

キャラを育成できる箱庭コンテンツもしっかりあり、ゲーム全般としては非常に丁寧に作ってあることが伝わってきて、世界観を楽しみたいという方にはハマる要素は多いと思います。

私個人的には、ゲームに爽快感や思考性など五感に訴えるタイプの楽しみを求めるタイプなので、そこを期待していたプレイヤーとしては上記にあげたところは残念と感じました。

ゲームシステムの根幹に関わる部分なので変えることは難しいと思いますが、バトル中の爽快感を得やすいような改善が行われることを期待します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました